03-5840-8418
icon本郷三丁目駅から徒歩3分
水道橋駅・後楽園駅・湯島駅も徒歩OK

見えない矯正(リンガルブラケット矯正)

リンガルブラケット矯正(裏側矯正)とは?

皆さんがよくご存知の矯正は「歯の表側」に装置を付けるものだと思います。

しかし、リンガルブラケット矯正(裏側矯正)は、その名の通り、歯の裏側(舌側)に矯正装置を付けますので、他の人に気づかれることはありません。

リンガルブラケット矯正

よくあるご質問

リンガルブランケット矯正は表側矯正よりも治療期間が長くなると聞いたのですが…

結論から申しますと、表側矯正と裏側(下側)矯正の治療期間は変わりません。

当院では平均1年半~2年程度(ケースによっては2~3年かかることもあります)で治療を終了させています。

患者様がこのようなご質問をされるには理由があります。多くの歯科医院のホームページで、「裏側(舌側)矯正は表側矯正と異なり、処置が難しいためどうしても治療期間が延びてしまいます」と掲載されているためです。

院長である私はこれまで多くの裏側(舌側)矯正、表側矯正を手掛けてきましたが、治療期間に大きな差が出たことはございません。

歯の裏側に装置を付けると舌がぶつかったりして違和感はないのでしょうか?

もちろん歯に装置を付けますので、表側・裏側問わず、慣れるまでは違和感があります。しかし、当院で利用している装置は違和感を最小限に抑えるために従来よりも小型化されていますので、それほど気になさることはないと考えております。また、違和感を一番覚えるのは口を動かす食事の時ですが、舌が装置にあまりふれないようなレシピを工夫することで違和感を抑えることができます。当院ではこのレシピのご提案もさせて頂いております。

表側より虫歯になりやすいと聞いたのですが…

結論からお伝えしますと、裏側矯正の方が虫歯になりくいです。

歯の裏側は、表側より3倍も厚いため、虫歯菌の出す酸に強く、また、歯の裏側には常に唾液が循環しているため、虫歯菌がこの唾液の静菌作用や殺菌作用によって増殖しにくくなっています。このような理由から、歯の裏側に装置を付けた方が虫歯になりにくいのです。しかし、表側・裏側に関わらず、装置を付けた状態でのブラッシングに慣れるまでは、虫歯になる可能性は高くなりますので、矯正中は歯磨きをしっかりすることが大切です。

当院は虫歯・歯周病予防処置も行う事が出来ますので、治療中のケアも万全です!

目立たない矯正(審美ブラケット矯正)

審美ブラケット矯正とは?

これまでの矯正装置は、金属色の装置を付けるものが主流でしたが、最近では目立たない装置も開発されています。従来と比べてどのくらい目立たないかは下記の画像を比較して頂ければ一目瞭然です。

リンガルブラケット矯正

前述しました裏側矯正と「従来法と比べ目立たない」ことは共通していますが、この審美ブラケットは「歯の表側」に装置を付けますので、裏側矯正よりも若干目立ちます。しかし、その分、裏側矯正と比べ費用が安価であることが1つのメリットとなります。

部分矯正

部分矯正治療が2万円から可能です

部分矯正治療とは?

部分矯正とは、その名の通り、部分的に歯を移動させる治療法です。

「全体的」にではなく「部分的」に治療を行いますので、すべての歯を矯正するよりも「短期間」に治療が可能になります。しかし、適応症例が限られるという治療法でもあります。

具体的には下記のようなメリットがあります。

院長
気になるところをピンポイントで治療可能

前歯2本だけ、すきっ歯の部分だけ、八重歯だけ、下の歯だけなどご希望に応じて柔軟に対応可能です。

「低コスト」で治療が可能

利用する装置、治療時間などが本格的な矯正と異なるため、部分矯正では低コストで治療が可能になります。当院では2万円~の部分矯正が可能です。

「短期間」で治療が可能

あくまで「部分的」に歯を動かしますので、その分、治療期間も短縮されます。
本格的な矯正では数年かかるのが通常ですが、部分矯正の治療期間は数ヶ月で終了します。
そのため、まじかに「結婚式」「面接(CA/アナウンサー)」を控えている患者様ご好評を頂いております。
当院では極力、患者様のご要望に沿った治療を実施いたしますが、歯並びの状態によっては、「部分矯正は咬み合わせを考えた際、難しいですので全体的な矯正をお勧めいたします。」とお伝えすることもございます。まずはお口を拝見しないことには何ともお伝えできませんので、お気軽にご相談くださいませ。相談は無料になっております。

非抜歯矯正

可能な限り非抜歯での治療を

矯正治療の一般的な抜歯率は70%〜80%
当院の抜歯率は50%

私たちは歯の大切さを誰よりも分かっています。

当院では安易な抜歯は致しません。

非抜歯矯正をご提案する理由

様々な要因を検証し、抜歯・非抜歯のご提案をさせて頂いておりますが、当院では「可能な限り」非抜歯での矯正をご提案しております。

非抜歯をご提案する大きな理由は「抜歯矯正をすると治療期間が延びてしまう」ことがあげられます。抜歯をするという事は、その歯がなくなった部分の隙間を埋めるため、その他の歯を抜歯しない場合と比べ大きく移動させる必要がでてきます。そのため、どうしても治療期間が延びてしまうのです。また、何よりも世界に1つしかないご自身の歯。歯に携わる医療人として可能な限り残したいというのが本音の部分です。

もともと治療期間が長くなってしまう矯正治療。
抜歯をすることで更に治療期間が延びてしまう事は、できるだけ早期に歯並びを改善したい患者様にとって苦痛以外の何物でもありません。

このような理由から当院では可能な限りの非抜歯矯正をご提案させて頂いております。

しかし、どの症例でも非抜歯にするわけではありません。
なぜならば無理に非抜歯矯正を遂行した場合、下記のような問題が生じることがあるためです。

出っ歯(上顎前突)による審美性の喪失

無理な非抜歯矯正は、「出っ歯」と一般的に呼ばれている「上顎前突」になる可能性もあり、審美性を大きく損ねてしまうこともあります。
これは歯を並べるスペースが足りないのに、無理無理歯を並べようとすることで起きてしまう現象です。
イメージしやすい例としましては、3人掛けの椅子に、4人座ろうとした場合に似ています。
座ろうとすればなんとか4人座ることが出来ますが、部分的に無理が生じますので、どこかが盛り上がってしまいます。これは矯正も同様です。
患者さんの歯並びの状態をシッカリ把握し、できること・できないことを正しくお伝えすることが大切と考えています。まずはご相談ください。
出っ歯(上顎前突)
お子さんの矯正治療は「非抜歯」ができる可能性が高まります

歯並びが悪くなる原因は「あごの骨に歯が適切に並びきらない」ために起こります。つまり、顎の骨の幅を自由にコントロールできるのであればそもそも大がかりな矯正治療は必要ありません。

実は、小さい頃の時期であれば、人為的にこのコントロールが可能になります。子供は大人と異なり、まだ成長段階にあります。これは「あごの骨」に関しても同様ですので、その成長を人為的に適切な方向へ誘導させることでバランスのとれた歯並びに近づけることが可能になります。ケースによっては若干の矯正治療も必要となることもありますが、簡易的に、そして非抜歯の可能性が高まります。詳細はお子様の矯正治療をご参照ください。

子どもイラスト

これまで非抜歯に関してお話ししてきましたが、非抜歯でできるか否かは、ドクターによる事前診断の精度にかかってきます。
無理な症例でも「非抜歯で出来ます!」と言ってしまい、後日トラブルになってしまっている医院さんも存在しますが、矯正の目的は可能な限りの「非抜歯での治療」ではなく、「正しい噛み合わせとバランスのとれた歯並び・顔貌の獲得」ですので、その点を考慮した上で患者様自身も判断して頂けたらと思います。

「顔の輪郭」「顔の歪み」の改善

かみ合わせが悪い状態がわずかであれば、それほどこれらは改善しません。
しかし。大きく歯並びが崩れている場合、治療後、顔のかたちの変化も当然大きくなります。
矯正治療が必要と言われている下記のお口の状態を矯正することにより、歯並び。かみ合わせだけでなく、顔のかたちも改善することが出来ます。

出っ歯

出っ歯

皆様が良く知っている歯並びですね。上顎の前歯が下顎の歯よりも大きく前に出ている歯並びです。

受け口

受け口

下顎が上顎よりも前に出ている歯並びです。

叢生(乱ぐい歯)

叢生(乱ぐい歯)

歯が様々な角度で生えてデコボコになってしまっている歯並びです。

開咬

開咬

奥歯が噛んでいるのにもかかわらず、前歯が噛んでいない歯並びです。

過蓋咬合

過蓋咬合

通常咬んだ時に下の前歯を上の歯が覆う形が理想とされますが、それ以上に覆い、下の前歯がほとんど見えない様な状態の咬み合せの事をいいます。

「無料」個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-5 本郷三丁目駅から3分
TEL 03-5840-8418

個別相談はこちら

料金表

矯正治療費をご紹介いたします。
詳細は料金表をご参照ください。